ホーム > 税務課 > 新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少したことによる国民健康保険税の減免制度

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少したことによる国民健康保険税の減免制度

新型コロナウイルス感染症の影響により、一定以上収入が下がってしまった世帯に対し、申請により国民健康保険税を減免します。

対象世帯と減免割合

  1. コロナウイルスの影響を受け、世帯主が死亡又は重篤な傷病を負った世帯
    →減免割合は、全額を減免
  2. コロナウイルスの影響で、世帯主の収入減少が見込まれる世帯で、次のaからcのすべてに該当する世帯
    →減免割合は、前年の合計所得金額の区分に応じて、10割から2割を減免
  1. 世帯主の収入で、事業収入・不動産収入・山林収入・給与収入のいずれかが前年の収入の3割以上で減少する見込みがあること。
  2. 世帯主の前年の総所得金額等(退職所得除く)が1,000万円以下であること。
  3. 世帯主で、減少が見込まれる所得以外の前年の所得合計額が400万円以下であること。

※会社都合で退職となった場合で、ハローワークから雇用保険受給資格者証が発行され、「特定受給資格者」または「特定理由離職者」に該当された方については、前年の給与所得を100分の30とみなして計算を行うことで、税額が軽減できる制度がありますので、別途税務課へご相談ください。

申請について

下記により様式をダウンロードするか、直接税務課までお越しください。

  1. 申請は、世帯主名でお願いします(身分証の提示は、実際に手続きをされる方でお願いします)。
  2. 代理で提出できるのは、同じ世帯で国保に加入されている方となります(別世帯の方が代理で提出する場合は、委任状が必要です)。
  3. 2020年の収入については、帳簿等のコピーを添付してください。添付を省略されると、確認ができず、減免ができない場合があります。
  4. 収入見込みは、合理的な数値を記載してください。
  5. 同世帯内で、別々に減免するということはできません。
  6. 減収見込みとなる方が、世帯主以外の場合は手続きはできません(世帯主変更等は別の手続きが必要となります)。
  7. 提出後、見込み金額に変更がある場合は、同申告書を変更として再提出をお願いします。
  8. 同世帯内の国保に加入されている方で、申告義務があるのに申告をされていない場合は、必ず申告をお願いします。
  9. 認めの印鑑を持参してください。

受付期間

令和2年7月1日から令和2年12月18日まで

※受付時間は、午前9時00分から午後5時00分まで(土・日・祝祭日を除く)

手続き後について

令和2年度国民健康保険税当初通知および減免の決定等の通知について

7月14日(火)に本年度の国民健康保険税について、最初の通知を予定しています。

当初通知日までに減免申請された方

7月14日までに申請手続きのあった方については、7月27日頃を目安に減免の決定等についてお知らせします。

※申請件数によっては、もう少し日数がかかることもあります。

当初通知日以後に減免申請された方

7月14日以降で申請手続きのあった方については、申請日以後2~3週間程度で減免の決定等についてお知らせします。

本減免制度に関する注意事項等

  • 減免が決定した後、世帯内のメンバーで転出や社会保険加入、あるいは退職などによる国保加入者の増があった場合、減免額が変動します。その際は随時お知らせします。
  • 減免の決定を受けた方で、その後も毎月の収入状況を管理把握され、提出した見込額と相違するとわかった時点で変更の手続きを行ってください。
    →実際の年間収入額を確定申告等で再確認させてもらった場合に、さかのぼって減免が取り消されたり、一部変更が生じる場合があります。その際、追加で納税をお願いすることがありますので、ご承知おきください。
このページに関するお問合せ先
広川町 税務課 税務班 TEL 0737-23-7734 FAX 0737-64-1565
最終更新日:202071