ホーム > 企画政策課・総務課 > 令和2年(2020)は、広川町の偉人、濱口梧陵翁生誕200年となります。

令和2年(2020)は、広川町の偉人、濱口梧陵翁生誕200年となります。

seitan200

令和2年(2020)は、濱口梧陵翁生誕200年という節目にあたります。

濱口梧陵翁は、文政3年(1820)6月15日、広村に生まれ(当時、七太)、34歳(1853)でヤマサ醤油の社長(七代目儀兵衛を襲名)となり、翌年の安政元年(1854)、35歳のときに、世界的に有名な作家、小泉八雲(ラフカディア・ハーン)の「稲むらの火(A Living God)」の物語となった安政の大地震・大津波に襲われた広村(現:広川町)で稲むらに火を放ち、多くの村人の命を救いました。

また、安政2年(1855)2月には、私財を投じて、広村堤防の築堤工事に着手し、安政5年(1858)に広村堤防が完成しています。

 

このような梧陵翁の防災と復興の精神は、今日の11月5日の「世界津波の日」制定のきっかけとなり、世界中に知られておりますが、梧陵翁の魅力は、それに留まりません。

梧陵翁は、福沢諭吉や勝海舟、関寛斎などの歴史的偉人との交流があり、学校教育や医学などの発展にも大きく貢献し、郵政大臣や和歌山県議会議長を歴任されました。

 

そうしたことから、広川町では、令和元年9月17日に「濱口梧陵生誕200年未来会議」を発足し、梧陵翁の魅力を再発見し、その偉業を改めて顕彰し、梧陵翁の偉業が未来へ語り継がれるようなイベントを切れ目なく開催する予定です。

 

また、現在予定している令和2年(2020)開催のイベントについては、下記のとおりです。

2020.04.17現在

日 程 濱口梧陵顕彰関連イベント
令和2年 5月22日(金)~24日(日) 歌芝居2020 石川さゆり主演「あい~永遠に在り~」 ※中止
令和2年 6月14日(日) 濱口梧陵生誕200年記念シンポジウム ※中止
令和2年 6月15日(月) 濱口梧陵生誕 式典 ※中止
令和2年10月17日(土) 近畿歴史まちづくりサミットin広川町 ※中止
稲むらの火祭り
令和2年11月 1日(日) ふるさとまつり
古民家体験in広川町
令和2年11月 5日(木) 津浪祭

※上記イベントは予定であり、変更・追加等がある場合がありますので、ご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症により中止の判断をしているイベントについては、※中止と記載しております。

このページに関するお問合せ先
広川町 企画政策課 TEL 0737-23-7731 FAX 0737-62-2407
 
 
最終更新日:2020522

もくじ

企画政策課・総務課

企画・広報
計画・公表等

→事業計画等については情報公開ページへ

住宅向け補助制度等

→その他の補助制度(一覧)

人事・採用
各種情報・相談窓口

分類からさがす
課からさがす
便利リンク

ふるさと寄附金(ふるさと納税)