ホーム > 住民環境課・保健福祉課 > 熱中症対策エアコン設置補助金

熱中症対策エアコン設置補助金

近年の夏はたいへん暑く、家の中で過ごしていも熱中症の危険があります。特に高齢者や障がいのある人は注意が必要と言われています。そこで、購入をちゅうちょしてしまう所得の少ない方にエアコンの購入・利用を促進するため、高齢者世帯・障がい者の方がお住まいの世帯にエアコンの購入費用を補助します。

補助対象世帯

住民票があり住民税が非課税の方で構成される世帯であって、次のどちらかにあてはまる世帯

  • 65歳以上の高齢者のみでお住まいの世帯
  • 障害者手帳等をお持ちの方がお住まいの世帯(身体障害者手帳1,2級、療育手帳A1,A2,B1、精神福祉手帳1,2級、特定医療費(難病指定)受給者証)

※この補助金制度における「世帯」は、実際にお住まいになっている家屋に居住している人たちとします。

例)母屋と離れがあり、夫婦で離れに住んで、母屋に子どもや孫の世帯がある場合
 →離れにお住まいの夫婦が上記の条件をクリアすれば対象となります。
例)住民票は別々だが一軒家に65才以上の方と65才未満の方がお住まいの場合
 →同一の世帯とみますので、補助金の対象外になります。

補助金の対象となる費用

町内事業者でエアコンを購入し、居間又は寝室に取付けをしてもらう費用。ただし、もともとあったエアコンの取り外しや処分料は含みません。いわゆるスポットクーラーは対象外です。また、新築時やリフォーム工事とともに設置する場合も対象外です。

※この補助金は1世帯1回限りとします。

補助金額

対象となる費用の1/2で、その額の上限が8万円

申請期間

令和6年7月8日(月)~令和6年7月19日(金)

→広川町役場保健福祉課へ必着。8時30分~17時15分(土日祝除く)。

※申請者多数の場合は、締め切り後、審査のうえ決定します。
※予算には限りがありますので、申請者多数の場合はエアコンがない・年齢が高い・障がいが重度である等で判定することがあります。

申請の流れ

エアコン購入前に申請書に必要事項を記入し、「設置予定の場所の写真」、「購入費と取付工事費がわかる見積書」、「(所有者が異なる場合)設置承諾書」を添付して、期限内に申請してください。

申請期間が過ぎたのち、可否の決定を通知します。
交付決定通知書が届いてから、見積を依頼した事業者に発注して代金のお支払いを済ませてください。

(注意)領収書は実績報告にいりますので、必ずもらってください。交付申請の内容に変更がある場合は、その都度ご相談ください。

実績報告書に必要事項を記入し、「設置したエアコンが確認できる写真」、「エアコンの設置に要した経費の支払いを証明する書類の写し(領収書等)」を添付して、提出してください。

→実績報告書に不備が無く、交付決定した内容と変わっていなければ、額の確定通知書が通知されます。

額の確定通知書が届きましたら請求書を提出ください。
請求書に記載の振込先にお振込みします。

このページに関するお問合せ先
広川町 保健福祉課 福祉班 TEL 0737-23-7724 FAX 0737-64-1565
最終更新日:202478