ホーム > 住民環境課・保健福祉課 > 戦没者等の遺族に対する第11回特別弔慰金

戦没者等の遺族に対する第11回特別弔慰金

戦没者等の遺族の皆様へ第11回特別弔慰金が支給されます。

今日の日本の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔意の意を表すため、戦没者等のご遺族に特別弔慰金が支給されます。


支給対象者

戦没者等の死亡当時のご遺族で、令和2年4月1日において、恩給や遺族年金等を受ける方がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族お一人に支給されます。

  1. 令和2年4月1日までに戦傷病者戦没者等援護法による弔慰金の受給権を取得した方
  2. 戦没者等の子
  3. 戦没者等の(1)父母 (2)孫 (3)祖父母 (4)兄弟姉妹
    ※戦没者等の死亡当時、生計関係を有していること等の要件を満たしているかどうかにより、順番が入れ替わります。
  4. 上記1~3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪等)
    ※戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上生計関係を有していた方に限ります。

支給内容

額面25万円、5年償還の記名国債

提出書類

  1. 戦没者等の遺族に対する特別弔慰金請求書
  2. 第11回特別弔慰金国庫債券印鑑等届出書
  3. 戦没者等の遺族の現況等についての申立書
  4. 令和2年4月1日(基準日)現在の請求者の戸籍抄本
    ※前回の請求者以外の方及び配偶者、相続人、代理人、成年後見人が請求される場合は、上記以外にも提出書類が必要となります。
    ※請求用紙等については、広川町役場保健福祉課において配布します。

請求期間

令和2年4月1日から令和5年3月31日まで
※請求期間を過ぎると、第11回特別弔慰金を受給できなくなりますので、ご注意ください。

請求窓口

広川町役場保健福祉課
午前8時30分~午後5時15分(土日・祝日等、役場閉庁時間を除きます。)


型コロナウイルス感染症拡大防止対策について
~請求期間には余裕がありますので、状況が落ち着いてからのお手続きに、ご協力ください~

感染予防・拡大防止対策として、窓口職員の健康チェック及びマスクの着用、定期的な換気・カウンターの消毒などを実施しておりますが、来庁される皆様も、以下の点にご協力ください。
また、特別弔慰金の支給対象となる方は高齢の方が多く、重症化リスクも高いことから、来庁時期には十分ご留意ください。

◆外出の際はマスクを着用し、手洗い・手指の消毒をこまめに行いましょう。
◆風邪の症状や発熱があるなど、体調がすぐれないときは、外出を控え様子をみましょう。

参考ページ(外部リンク)

「戦没者等の遺族に対する特別弔慰金」(第十一回特別弔慰金)の支給について(厚生労働省ホームページ)

このページに関するお問合せ先
広川町 保健福祉課 TEL 0737-23-7724 FAX 0737-64-1565
最終更新日:2022526