ホーム > 産業建設課 > 有田みかん

有田みかん

燦々とふりそそぐ太陽の光と恵まれた気候・風土のもと、
広川のみかんは、おいしくなーれと育ちます。

みかんの春夏秋冬

みかんの春夏秋冬黒潮の恵みを受ける紀伊水道に面した広川町は、400年の伝統をもつ「有田みかん」を生産しています。
みかんは、1年をとおして細やかな作業が続き、秋収穫を迎えます。

せん定せん定

みかんづくりは、春まえの「せん定」から始まります。不要な枝を切って樹を整え、太陽の光がまんべんなく葉に当たるようにします。

春肥

春の発芽に向けて肥料をやります。樹は肥料を吸収し、新芽の充実させます。

みかんの花

5月

みかんの花が咲きます。

 

摘果摘果

暑い夏の炎天下、品質の揃った果実だけを残すため、多くなりすぎている枝の実、日陰の実を間引く「摘果」作業が続きます。

収穫収穫

10月収穫が始まり、極早生・早生・中生・晩生みかんの順番に収穫されていきます

選別・出荷

選別・出荷

選果場に集められたみかんは光センサー式選果機で糖度と酸を測定し、高品質で味のバラツキのないみかんを選別・出荷しています。

秋肥

収穫の終わった樹に肥料をやります。収穫で疲れた樹の栄養補給です。

有田みかんデータベース

このページに関するお問合せ先
産業建設課 産業班 TEL 0737-23-7764 FAX 0737-63-3085
最終更新日:2015105