稲むらの火の館 外観写真
1820年(文政3年)、「稲むらの火」で知られる濱ロ梧陵は、紀州広村(現在の広川町)で生まれました。
安政の大地震津波時、その命の火で多くの村人を救った彼の功績は、現代に通じる津波防災の象徴として広く語り継がれています。
梧陵の偉業と精神、教訓を学び受け継いでゆくため、2007年(平成19年)4月、濱ロ梧陵記念館と津波防災教育センターから成る「稲むらの火の館」が誕生しました。来たるべき時に備え、より多くの津波の知識を身につけてください。あなたの心にも、消えることのない「稲むらの火」を灯すために。

新着情報


<お知らせ>
10月8日(土)〜12日(水)の間、3D津波映像シアターは多言語化及び映像機器改修工事のため視聴できません。

稲むらの火の館概要
稲むらの火の館 写真「稲むらの火」で知られる濱口梧陵の偉業と精神、教訓を学び受け継いでゆくため、2007年(平成19年)4月、濱口梧陵記念館と津波防災教育センターから成る「稲むらの火の館」が誕生しました。

ご挨拶
稲むらの火の館概要
稲むらの火の館ニュース
寄附のお願い
お問い合わせ


観覧案内 展示ガイド
稲むらの火の館 写真津波防災教育センター、濱口梧陵記念館の案内図や展示内容などを詳しく解説しています。
     
梧陵史跡散策ガイド
稲むらの火の館 写真濱口梧陵にちなんだ史跡を訪ね歩いてみませんか。散策マップと史跡の紹介を掲載しています。
散策マップをチェック

観光案内所

  資料収集
稲むらの火の館 写真濱口梧陵の業績、稲むらの火の物語、津波防災の歩みなど。
資料室はこちら

濱口梧陵
稲むらの火
津波防災

 


【開館時間】
 午前10時〜午後5時
  (入館時間は午後4時まで)

【休館日】
・月曜、火曜日
  (祝日の場合は開館)
※11月5日津波防災の日は開館いたします。
・年末年始

  (12月29日〜1月4日)

稲むらの火の館 概要 観覧案内・展示ガイド 梧陵史跡散策ガイド 資料収集 書籍販売 お役立ち